ニュースプレスリリース

パソナテックがインフォテリアと
ASTERIA サブスクリプションパートナー契約を締結
ASTERIA WARP Coreを活用し
パソナテック「むすぶkintone」の連携機能を拡張

~ 約50種の主要なグループウェア・ERP等との連携を拡張しkintoneの活用をより一層促進! ~

報道発表資料
2018年2月23 日
インフォテリア株式会社

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、企業データ連携(EAI/ESB)製品の国内市場において11年連続シェアNo.1※1製品であるインフォテリアのASTERIA シリーズのサブスクリプション(月額課金)型製品の販売代理店として、株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉永 隆一)と「ASTERIAサブスクリプションパートナー※2契約」を締結したことを発表します。本契約の締結により、インフォテリアとパソナテックは、サイボウズ社「kintone」と他のシステムを連携する「むすぶkintone」の販売体制を強化し、多様化するデータ連携ニーズに迅速かつ低コストで最適なソリューションの提供を行います。また両社は、企業データ連携(EAI/ESB)市場の新たな顧客獲得・ビジネス機会の創出を行い、双方の事業拡大を図ります。

【「むすぶkintone」サービス提供イメージ】

「むすぶkintone」サービス提供イメージ

ASTERIAサブスクリプションパートナー契約締結の狙い

 近年、様々な部門において業務の効率化が図られるなか、業務アプリが簡単に開発できるツールとしてkintoneの導入が幅広い業務部門で進んでいます。しかし、それぞれの業務でkintoneを活用しようとする際には、既存の基幹システムやクラウドサービスとの連携が必要で、kintone API※3の仕様詳細を確認した上で連携プログラムを組む必要があるなど業務部門にとっては敷居の高いものとなっていました。

 本契約締結により、パソナテックの提供する「むすぶkintone」サービスの連携機能がASTERIA WARP Coreによって大きく拡張され、一般的なオフィス/グループウェア(約10種)、主要なERP/SFA/CRMシステム(約40種)、トータルで約50種のソフトウェアやサービスとの連携をノンプログラミングで実現します。具体的には、APIの知識がなくてもkintoneと基幹システム/クラウドサービスとの連携を簡単に行うことや、幅広いシステム/サービスと「むすぶkintone」の連携が可能になるなど導入企業におけるkintone活用を強力に支援します。

 また、パソナテックの豊富なkintone開発の知見・ノウハウを元に、ASTERIA最新バージョン(1712)から追加されたフローテンプレート登録機能を利用したkintone連携テンプレートも用意します。この予め用意されたテンプレートを利用することで、連携処理フローを短時間で効率的に構築することやkintoneと他システムとの連携処理を簡単に作成することなどが可能となります。本テンプレートはkintoneユーザー企業に加えて、kintone連携開発を行う企業向けにも提供します。

「むすぶkintone」サービスの概要・特徴

サービス名「むすぶkintone」サービス
内容/特長「kintone」と「ASTERIA WARP Core」の機能を最大限活用して、顧客管理や日報作成、契約管理等、企業の各種業務に最適なアプリケーションを短期間で作成します。情報システムの企画や設計、開発、導入、保守管理、他システムとの連携まで、「kintone」をベースに企業の業務改善をワンストップで提供します。
価格お問い合せください。

今後のASTERIAビジネスの展開

 インフォテリアのASTERIAビジネスは順調な拡大を継続しており、現在の導入社数は6,500社を突破するとともに、企業データ連携市場(EAI/ESB)では11年連続シェアNo.1を達成し業界のリーディングカンパニーとしての地位を更に強固なものにしています。 今後も、ASTERIA WARPの多様なデータソースとの連携機能を駆使することで社内の情報資産の有効活用に貢献し、新たなビジネスチャンスの獲得に貢献できるようなITソリューションの構築に貢献してまいります。

エンドースメント

  •  サイボウズ株式会社は、インフォテリアとパソナテックのサブスクリプションパートナーシップ締結を心より歓迎いたします。
     様々なシステムを横断的に利用することが増える中で、業務効率化を目的としたデータ連携のニーズは日々高まっております。本パートナーシップ締結は、kintoneの提供できるデータ活用やスムーズな情報共有という価値を、より高めることができると確信しております。
     今後もインフォテリアとのパートナーシップを高め、kintoneの特徴であるエコシステムの推進に向け邁進してまいります。

    サイボウズ株式会社
    代表取締役社長 青野 慶久



紹介セミナーの開催

 本サービスを実際にご覧いただけるセミナーを以下の通り開催します。

<情報システム部門向け>
kintoneで簡単・手軽に始める!SFAスピード導入!&本格活用セミナー

日 時2018年3月16日(金) 15:00~
主 催インフォテリア株式会社、サイボウズ株式会社、株式会社パソナテック
会 場インフォテリア株式会社 1F セミナールーム
セミナー申し込みevent.infoteria.com/jp/event/e180316/


「インフォテリア株式会社」について(Webサイト www.infoteria.com/

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,596社(2017年12月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,357件(2017年12月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

「株式会社パソナテック」について
(Webサイト www.pasonatech.co.jp/

 パソナテックは、エンジニアやクリエイターのキャリア創造や、人材とテクノロジーを組み合わせた最適なソリューションの提供など、IT・エンジニアリング分野に専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行っています。

※1:テクノ・システム・リサーチ社「2017年ソフトウェアマーケティング総覧EAI/ESB市場編」
※2:「ASTERIA WARPサブスクリプション パートナー」(略称:ASP)は、小規模システムや特定製品、クラウド型サービスとの連携をターゲットとしたASTERIAシリーズの新ラインアップ「ASTERIA WARP Core」を中心とした月額課金サービスの販売を担うパートナーのこと。
※3:Application Programming Interfaceの略。外部の他のプログラムから呼び出して、あるコンピュータプログラム/ソフトウェアの機能や管理するデータなどを利用するための手順やデータ形式などを定めた規約。

<むすぶkintoneについてはこちら>
www.pasonatech.co.jp/biz/service/kintone/

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

インフォテリア株式会社
広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

【ASTERIAに関するお問い合わせ先】

インフォテリア株式会社
ASTERIA事業本部 営業推進部長:東出 武也
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2018年02月23日 11:30

インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
本文中の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。