ニュースプレスリリース

HandbookがキヤノンのドキュメントスキャナーimageFORMULAに対応

スキャンした書類を直接Handbookへ取り込むことが可能に

報道発表資料
2018年2月15日
インフォテリア株式会社

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 インフォテリア)は、国内モバイルコンテンツ管理市場で市場シェアNo.1を獲得している「Handbook(ハンドブック)」が、キヤノン電子株式会社(本社:埼玉県秩父市、代表取締役社長:酒巻 久、証券コード:7739、以下 キヤノン電子)のドキュメントスキャナー「imageFORMULA」シリーズに対応し、スキャンした書類を直接Handbookに取り込める機能を搭載したことを発表します。本機能の提供は2月16日より開始します。

HandbookがimageFORMULAと連携する背景

 従来、ドキュメントスキャナーで書類の電子化を行った場合、生成されたPDFファイルを一度保管する必要がありました。今回の取り組みにより、「imageFORMULA」でスキャンしてPDF化した書類は、一時保管せずに直接Handbookにアップロードできるようになるため、利用の簡便化を実現するだけでなく、取り込み対象データの取り間違いを防ぎ、保管したPDFデータを削除するなどの管理が不要になります。また、アップロードしたデータは特定のアクセス権を使用すればPDFデータとして取り出すことが可能です。今回の対応により、テレワークのようなオフィス外でのワークスタイルにおいて情報セキュリティを確保したコンテンツ共有およびペーパーレス化に伴う作業の効率化を実現します。

【新機能の動作イメージ】

(新機能の動作イメージ)

※ ITR「ITR Market View:エンタープライズ・モバイル管理/スマートアプリ開発市場2017」
SaaS型モバイルコンテンツ管理市場/製品別売上金額シェア(2016年度)



 インフォテリアは、キヤノンマーケティングジャパン株式会社主催の「IMSソリューションセミナー2018 ~スキャナー活用による「働き方改革」の実践~」(2018年2月16日開催)にて、本連携による展示とセミナーを行います。

開催日時2018年2月16日(金)、10時~17時10分(展示は午後5時まで)
会 場キヤノンマーケティングジャパン株式会社
品川本社 S タワー3F ホール S
主 催キヤノンマーケティングジャパン株式会社
共 催キヤノン電子株式会社
インベント詳細情報canon.jp/event/exhibition/ims2018/index.html

エンドースメント

キヤノン電子株式会社様
 昨年発売20周年を迎えたキヤノンの「imageFORMULAシリーズ」ドキュメントスキャナーは、文書の電子化を通じて、これまで数多くのお客様の生産性向上と業務効率化に貢献してきました。今回のインフォテリア様の「Handbook」との連携により、画期的なスキャニングソリューションをご提案できることを喜ばしく思います。ユーザーは紙のドキュメントをワンクリックでHandbook内の指定フォルダに保存して活用する、生産性の高いワークフローを構築することができます。「Handbook」と「imageFORMULAシリーズ」の組み合わせで、文書管理はもっとスピーディーに快適になります。

キヤノン電子株式会社
IMS事業部 事業部長 勝山 陽



「キヤノン電子株式会社」について(Webサイト www.canon-elec.co.jp

キヤノン電子株式会社(ロゴ)

本社所在地:埼玉県秩父市下影森1248番地
      (東京本社:東京都港区芝公園3-5-10)
代表   :代表取締役社長 酒巻 久
事業内容 :精密機械器具、電子・電気機械器具、光学機械器具、情報機器、
      コンピュータ・通信機器ソフトウェア等の開発・生産・販売

「Handbook」について(Webサイト handbook.jp/

 「Handbook」は、モバイルコンテンツ管理市場でシェア第1位を獲得しているサービスで、文書や表計算、プレゼンテーションから画像や音声、動画までのあらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、タブレット端末で持ち運べ、指先めくり表示ができるようにするソフトウェアです。一般的なクラウド・ストレージ・サービスやタブレット端末向けのビューアー・アプリケーションと異なり、閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報漏えいを防ぐ機能、あるいはネットワーク接続できない場所でもファイルを予めダウンロードしておけば表示できる機能など、タブレット端末をビジネス活用する上で必要な機能が搭載されているのが特長です。対立しやすい情報セキュリティの確保と操作性の高さを丁寧なインターフェース設計で両立している点が高く評価され、「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞しています。

「インフォテリア株式会社」について(Webサイト www.infoteria.com/

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,596社(2017年12月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,357件(2017年12月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

インフォテリア株式会社
広報・IR室 長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

【製品に関するお問い合わせ先】

インフォテリア株式会社 ネットサービス事業本部
製品担当:中嶋誠
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2018年02月15日 11:30

インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。