MDM

テンプレート化された現状分析ノウハウを駆使し、MDMの効果を事前に数値化。
導入への迅速な意思決定を支援します。

「ASTERIA MDM One GT」は、企業のデータ管理における現状分析と、マスターデータ管理への投資対効果を明確にすることを目的にしたサービスです。 サービス名にある“GT”は“Generic Template”の略であり、実績ある分析ノウハウをテンプレート化することにより、より迅速に効果の透明性を高めることが可能となります。

特長

特長

  • マスターデータ管理の効果を数値化し、
    投資判断をサポート
  • 実績をもとに現状分析のノウハウをテンプレート化、
    プロジェクトの短納期を実現
  • 「ASTERIA MDM One」製品の適用範囲と
    手段を最適化

「ASTERIA MDM One GT」の位置付け


改善施策立案フェーズ




改善施策具現化フェーズ



改善施策立案フェーズ



投資対効果算出のアプローチ

「ASTERIA MDM One GT」のアプローチは、MDM導入の投資対効果を「収益」と「コスト」の差で算出します。

アプローチの考え方



期待効果算出の考え方ー効果算出の方法(収益)


期待される効果を定量的、あるいは定性的に算出する


主要な可視化観点は「テータ品質(中身)」

期待効果算出の考え方ー効果算出の方法(コスト)


期待される効果を定量的、あるいは定性的に算出する


主要な可視化観点は「データ構造(システム)」「データ品質(品質)」「データ運用」

  • サービスはテンプレート単位でのご提供となります。
  • サービスにかかる費用・期間についてはお客様個別にお見積もりさせていただきます。

MDM

MDMを実現する4つの製品とサービス詳細資料のご請求はこちら

資料請求

マスターデータ管理に関するお役立ち情報の無料ダウンロード

ホワイトペーパー

実際に導入するまでの流れをわかりやすくご説明いたします

導入するには

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ