ニュースプレスリリース

シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と「インフォテリア」が事業提携

高速パブリックブロックチェーンZilliqaとASTERIAが連携し
企業における非中央集権型アプリケーション(DApps)の活用を促進!

報道機関 各位
2018年8月2日
インフォテリア株式会社
Zilliqa (シンガポール)

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎、以下 インフォテリア)と、シンガポールでブロックチェーン事業を展開するスタートアップ企業 Zilliqa Research Pte. Ltd(読み:ジリカ、本社:シンガポール、CEO:Xinshu Dong、以下 Zilliqa社)は、パブリックブロックチェーンに関する事業提携を行うことを発表します。この事業提携により、Zilliqa社が開発した次世代型高速ブロックチェーンZilliqaがASTERIAを介して企業内システムから容易に活用できるようになり、幅広い業界におけるブロックチェーンを使った非中央集権型アプリケーション(以下 DApps)の導入を促進します。

< ASTERIAとZilliqaの連携イメージ >

ASTERIAとZilliqaの連携イメージ

事業提携を決定した背景と目的

 インフォテリアは、「Sharding」という技術によって高い性能と拡張性を発揮することに成功したパブリックブロックチェーンZilliqaを活用することで、様々なビジネスシーンにおいてパブリックブロックチェーンの導入を図ることができると考えています。Zilliqa社は今後、ASTERIA専用アダプターを開発し、ブロックチェーン上のアプリケーションであるDAppsと既存の社内システムの相互接続を容易に実現することを目指します。これにより、ブロックチェーンの採用、導入を促進します。また、インフォテリアは、Zilliqaを業務適用コンサルティングの対象として加えるほか、自社の販売チャネルを通じてプロモーションを行っていく計画です。

両社トップのコメント

  •  我々は今回の事業提携による今後の展開を非常に楽しみにしています。日本は我々にとって重要なマーケットであり、エンタープライズ領域において確固たるポジションを築いているインフォテリアは幅広い業界にZilliqaをプロモートすることができるからです。また、より高度に分散化された、より安全なスマートコントラクト用の言語を使ったブロックチェーン上のアプリケーションをより多くの企業が利用・開発することを願っています。

    Zilliqa社 CEO:Xinshu Dong

  •  今後ブロックチェーンの幅広い普及を行うには、高速で拡張性の高いパブリックブロックチェーンが求められます。インフォテリアは、FinTechにとどまらない幅広い範囲でのブロックチェーン適用を追求するなかで、高速処理が可能なパブリックブロックチェーンを探していました。今回の事業提携によりZilliqaを提案できるようになることは、我々の長期的な戦略を実現する上で大きな一歩になるものと確信しています。

    インフォテリア 代表取締役社長/CEO:平野 洋一郎

※:Decentralized Applications(非中央集権型アプリケーション)の略。主としてブロックチェーン上で動作する非中央集権型アプリケーションプログラムのこと。例えば、条件が揃うと送金を行うような使われ方が広く知られている。現時点においてスマートコントラクトはDAppsの実装の代表例。



「Zilliqa」について(Webサイト zilliqa.com/

 Zilliqaは高速処理が可能で安全な非中央集権型アプリケーションを開発するための新しいパブリックブロックチェーンです。ネットワークが拡大しトランザクションが増えたときに、新たなプロトコルによって稼働する「Sharding」という技術と搭載しています。最新の実績としては、一般的なパブリックブロックチェーンの200倍のスピードとなる、1秒間に2,800件以上の処理を実現しています。さらに、Zilliqaは、多様な接続性を担保することができるスマートコントラクトを実装しており、安全かつ効率的な開発プラットフォームを提供しています。

インフォテリア株式会社について(Webサイト www.infoteria.com/

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,771社(2018年3月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,384件(2018年3月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

インフォテリア株式会社
広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297
E-mail:

以上
日時:2018年08月02日 11:00

インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。