ニュースプレスリリース

通販サイト「京都発インナーショップ白鳩」を運営する白鳩が
Handbookを導入、取締役会の準備をHandbookで簡便化し
紙コストゼロのペーパーレス化を実現!

〜会議準備担当者は半減、作業工数は約1/6に低減、1会議あたり1,000枚以上の紙資源削減も実現〜

報道発表資料
2017年10月12日
インフォテリア株式会社

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、株式会社白鳩(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:池上勝)が、取締役会のペーパーレス化を実施するにあたり、会議資料をタブレットへ配信するツールとして、国内モバイルコンテンツ管理市場で 市場シェアNo.1を獲得している「Handbook(ハンドブック)」を採用し、大きな効果を上げたことを発表します。

白鳩で配信されるコンテンツ例Handbook利用イメージ
白鳩で配信されるコンテンツ例Handbook利用イメージ

株式会社白鳩が「Handbook」を採用した背景と目的

インターネット(EC)サイトイメージ

 株式会社白鳩は、インターネット(EC)サイトを通じて下着等の販売を行っています。近時は、中国をはじめとする東南アジアへの越境ECの展開も行っており、世界中のお客様に質の高い商品とサービス、そして感動をお届けしてゆくことを目指しています。
 同社では17名が参加する取締役会毎に発生する一人当たり70~80ページ(総数1,000ページ以上)に渡る会議資料の収集・印刷・ホチキス止めなどの準備の負担が大きいため、工数と紙コストの削減が課題となっていました。そこで、同社はタブレット端末の導入と取締役会で使用する会議資料のペーパーレス化を決定。操作性の良さや他社製品と比べてコストメリットが高い点から、会議資料の共有プラットフォームとして「Handbook」の導入に至りました。

<Handbook採用のポイント>

(1)他社製品と比較し、拡張コストを含めたコストメリットが高い点が選定の決め手となった
(2)役員が操作するため直感的に利用できる操作性が良かった

Handbookを導入した効果

 導入後は、会議資料の印刷・ホチキス止めなど作業が不要となり準備工数が1/6程度まで削減、2名から1名体制での準備が可能となりました。また、印刷コスト「ゼロ」のペーパーレス会議を実現し、取締役会1回あたり1,000枚以上の紙資源の削減につなげています。また、Handbook導入後は会議資料の事前確認が可能となり、前もって準備をして臨めるようになったため当日の会議のクオリティが高まっています。

※ ITR「ITR Market View:エンタープライズ・モバイル管理/スマートアプリ開発市場2017」
SaaS型モバイルコンテンツ管理市場/製品別売上金額シェア(2016年度)



YouTubeで視聴される方はこちら>(約1分)


「株式会社白鳩」について(Webサイト www.shirohato.co.jp/

株式会社白鳩(ロゴ)

所在地 :京都府京都市伏見区竹田向代町21
代表  :代表取締役社長 池上勝
事業内容 :小売業

「Handbook」について(Webサイト handbook.jp/

Handbook(ロゴ)

 「Handbook」は、モバイルコンテンツ管理市場でシェア第1位を獲得しているサービスで、文書や表計算、プレゼンテーションから画像や音声、動画までのあらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、タブレット端末で持ち運べ、指先めくり表示ができるようにするソフトウェアです。一般的なクラウド・ストレージ・サービスやタブレット端末向けのビューアー・アプリケーションと異なり、閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報漏えいを防ぐ機能、あるいはネットワーク接続できない場所でもファイルを予めダウンロードしておけば表示できる機能など、タブレット端末をビジネス活用する上で必要な機能が搭載されているのが特長です。対立しやすい情報セキュリティの確保と操作性の高さを丁寧なインターフェース設計で両立している点が高く評価され、「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞しています。

「インフォテリア株式会社」について(Webサイト www.infoteria.com/

インフォテリア株式会社(ロゴ)

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,291社(2017年6月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,276件(2017年6月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

株式会社白鳩による具体的な導入事例はこちらのサイトで紹介しています。
handbook.jp/case/office/shirohato/

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

インフォテリア株式会社
広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

【製品に関するお問い合わせ先】

インフォテリア株式会社 ネットサービス事業本部
製品技術部:中嶋誠
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2017年10月12日 15:00

インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。