会社情報経営理念・創業理念

経営理念

インフォテリアは、3つの経営理念を基に、世界中に価値を提供する企業となるべく挑戦を続けています。

発想と挑戦 (Challenge for Ideas)
自由闊達な発想と挑戦を尊ぶ。時代をリードするイノベーションは新しい発想から生まれる。その実現のために、リスクを取ることを厭わず、常に新たな可能性に挑戦する。

世界的視野 (Global Perspective)
常に世界市場を視野に入れる。世界的に存在価値のある独自性を持った製品やサービスを提供する。

幸せの連鎖 (Chain of Happiness)
幸せを連鎖させる。自ら幸せを感じる誇りある活動を営むことで、お客様の幸せに貢献し、ひいては社会の進歩発展に寄与する。

創業理念
インフォテリアの創業理念は、以下の5つです。

◆価値
当社の最大の価値は、人材=社員である。アイディアや技術が唯一の勝負ではない。激動する社会や市場に適した製品やサービスを提供し続け、社会に貢献し続ける企業である源泉は「優れた人材」であると確信する。そのため、会社として人材確保の努力を惜しまず、優秀な人材を揃える。採用後も、そのパフォーマンス評価は厳しく行なう。

◆視野
当社は、初期段階から世界市場(グローバルマーケット)を視野に入れた業務展開を行なう。初期の段階では具体的な収入源は日本市場にフォーカスするが、製品、マーケティング自体はグローバルに通用するものを準備する。

◆マーケットリーダー
コア社員は、全員が市場に対して提案能力を持つもので構成する。常に市場に対する提案を発信しつづけ、小さいながらも市場内でリーダー的地位を確立する。また、社名だけでなく、その個人個人が市場で認知されるような活動を奨励する。

◆存在価値至上主義
既存の多くの会社が持つ、売上げ至上主義または利益至上主義に対し、当社は「存在価値至上主義」をとる。他社との差別化、社会貢献などに照らし、当社の存在価値が無いような製品、サービスの提供は行なわない。会社の存在価値が無くなった場合には、解散も辞さない。

◆製品開発
品質を最優先とする。企業の柱は、顧客の信頼であり、信頼の最大の基盤は品質であると考える。 標準技術を使う。世の中に標準技術が無い場合は標準技術を提案する。自社の特長が生かせる部分にフォーカスし、他社やパブリックな技術も積極的に取り入れる。自社技術で全てをまかなうことに固執しない。