つながる喜び つながる幸せ

私の生まれ故郷熊本には方言があります。その方言「熊本弁」をアウェーの東京で喋りまくろうという会「熊本弁ネイティブの会」を主宰しています。

この会は、普段はFacebookグループでの活動(熊本弁だけで語り合う)を行っていて、それに加えて年に数回、リアルで熊本弁だけしか喋ってはいけないという飲み会を開催しています。その飲み会では、標準語を喋ったらくまモンの着ぐるみを着るという罰ゲームもあります(笑)

いまでは、メンバー数450名を超え、飲み会も毎回40〜50人が集まる会になっていますが、その秋の会を2週間ほど前に開催。今回は、「芸術の秋」ということで、会のメンバーの写真展とライブに併せての開催でした。いつもは私が司会をしているのですが、今回はメンバー2人からの希望で、司会をやってもらうことになりました。

四谷の九州料理居酒屋「四谷 有薫」を貸し切って行った今回は、息の合ったコンビ司会で自己紹介ゲーム(これももちろん熊本弁で)などのアトラクションも楽しく進んで行きました。そして、まさに宴もたけなわというところで、司会から「そんなら、こっから本当の会に入るけんね!」のかけ声が。一応主催者の私は「ん?本当の会てなんね?」と思っていると、「平野さんのシンガポール壮行会ばい!」との声が。

え!? なんと!!

そこからは2人の司会コンビに加えて、某有名誌の辣腕女性編集者が「壮行会」のメイン司会となって仕切っていきます。グリーンの大きな花束、記念の額縁入りの写真、熊本産の限定ワインなどを皆さんからの贈り物としていただきました。そして、

「平野さんのおかげで、ぎゃんやって繋がるこつができて、たいぎゃな感謝しとります!」と。

わたしは言葉に詰まってしまいました。元々自分自身がこういう場が欲しくて始めただけなのに、こんなに喜んでもらえるなんて。

それにしても、全く感づいてもいませんでした。熊本弁ネイティブの会の皆で、私の壮行会にしようという計画が水面下で進んでいたというのです。本当にサプライズです。たまがった!

そして、私に「ひとこと」とマイクが回ってきたのですが、感激のあまり何を喋ったかは正確には覚えていません(笑)。ただ、同郷といっても、ほとんどが東京に来てから知り合った人で、熊本弁という共通のよりどころを持つだけなのに、こうやって繋がって、本当に温かさを感じ、胸がいっぱいになりました。最近では、地方でもあまり方言を喋らないようになっているようですが、やはり共通のものを持つ仲間というのはいいですね。

言葉に限らず、共通の趣味を持つ「サークル」や、共通の夢を持つ「会社」。何かを共有することで、繋がって仲間になる。幸せを感じる。

「つながる」ことによって、人は喜び、幸せになれると、改めて感じた一夜でした。

ブログ12周年とアジア

9月4日、本日でブログを書き始めてちょうど12周年になります。

現MITメディアラボ所長のJoi(伊藤穣一氏)の強い勧めで始めたもので、最初のエントリはこうでした。

12年と言えば、干支でひと周り。その間ずっとブログを書いてきました。リアルな日記は過去に1年間すら継続できたことがなかった私が、ブログを途切れることなく書き続けて来たことは奇跡といえるかもしれません(笑)

そして、このひと周りの間にIT業界内ではクラウド、スマートデバイス、ビッグデータなど大きな変化がいくつもありましたが、業界周辺の大きな変化の一つとして私が感じるのは、「アジア」がとても近くなったということです。

ブログを始めたころ、日本だけが活動フィールドだったインフォテリアはいま、アジア圏では上海、杭州、香港、シンガポールに現地法人を展開しています。

そして、この秋には私自身がシンガポールに赴いて、グループ全体の指揮監督をすることになります。これまで「日本発世界」を強く意識してきましたが、これから「アジア発世界」と意識が変わる日があるかもしれません。

ところで、昨日、今日と、「STARTUP ASIA TOKYO」というイベントが渋谷で開催されています。アジア各国からスタートアップ企業が集まり、自社のアピール、資金調達、情報交換などを行うためのイベントです。私も、このイベントのスピーカーの一人として参加しましたが、話されている内容、展示されているプロダクトなどを通じて、改めてアジアのスタートアップの熱さを感じ、また国の垣根がとてもフラット化していることを実感しました。

私がシンガポールに赴任することは、インフォテリアの判断ですが、やはりアジア全体の大きなうねりと無関係ではありません。自らそのうねりを肌で感じ、日本を外から見て中ではわからない価値を理解し、世界に向けた新たな一歩を踏み出します。

13年目のブログは、星の国シンガポールから新たに感じることや、新たな苦闘の日々の思いを綴っていくことになるでしょう(笑)

ALSアイスバケツチャレンジに参加

ALSという難病の原因究明および治療薬発見に取り組むための寄付を募るチャリティ運動に参加しました。(バトンはAWSの小島 英揮さんより)

本来、アイスバケツをかぶるか、$100寄付するかの選択ですが、両方を選択しました。ALSのみならず、多くの難病に多くの方が関心を持ってくださることを祈り。

恥ずかしいことですが、私はこのチャリティ運動によって初めてALSのことを詳しく知りました。このような、お祭り騒ぎ的なチャリティーに疑問をお持ちの方がいらっしゃることも承知しています。しかし、それでも、この連鎖のおかげで私が知る事ができ、寄付をできたこと、多くの寄付が集まっていることは事実です。このチャリティーを考え出し、そしてここまでつないできた皆さんに敬意を表して、実行しました。

私の生まれ故郷である熊本で難病と戦う人に、少しでも支援と祈りが届けばと考え、くまモンの着ぐるみ、そして阿蘇の名水入りの氷水ででチャレンジしました。

私のバトンは、以下の3名に渡します。

・私の大先輩で、個人的にも難病に取り組んでいらっしゃる、はなまる学習会の高濱 正伸

・インフォテリアの社外取締役で、シリコンバレーのFenox Venture Capital CEOのAnis Uzzaman

・世界に羽ばたく熊本県のしあわせ部長「くまモン」氏

の3人に渡します。ALSへの$100の寄付か、Ice Bucket Challenge、できればその両方を!ぜひ、よろしくお願いします。

※ALSについて詳しくはこちら

ASTERIAが8年連続第1位、導入4,500社を突破

インフォテリアの主力製品「ASTERIA」。この度、独立系調査会社のテクノ・システム・リサーチ社の市場調査の結果で、2013年の集計でASTERIAが8年連続市場シェアNo.1であったことを発表しました。少し前に発表されている、アイ・ティー・アール社や、富士キメラ総研の調査結果でもASTERIAは市場シェアNo.1です。

また、時を同じくして、この6月末で、ASTERIAの出荷本数が4,500社を突破して、4,504社となったことも発表しました。

さて、ASTERIAが初めて市場シェア第1位を取ったのは2006年ですが、市場シェアと導入社数の数字はその2006年の時点ではどうだったのでしょうか?

まず、2006年の市場シェアは、18.3%で第1位。2位とは僅差です。それが、2013年のシェアは47.0%になりました。次に、2006年度末の導入社数は、360社。それがこの8年間で10倍以上の4,500社です。

2006年は、ちょうどASTERIAの第4世代にあたる「ASTERIA WARP 4.0」を発表した年です。それから8年間で、8回のバージョンアップを行ってきました。それぞれのバージョンの強化点をピックアップしてみましょう。

4.1:アダプタ開発キット、カスタム対応強化、パイプライン機能のUI強化
4.2:100 項目以上の要望対応、Excelコンポーネントの機能強化、2フェーズコミット
4.3:ITガバナンスへの対応強化、フロー差分比較ツール、新セキュリティプロトコル
4.4:開発・保守の見える化強化、フローデバッガ搭載、チャート作成機能強化
4.5:クラウド対応(Azure、AWS)、Excel XSLX形式対応、RDB挿入・更新高速化
4.6:モバイルデバイス対応、SharePoint対応、パフォーマンス向上
4.7:大規模対応、ビッグデータ対応、仮想化対応強化、Enterprise版の追加
4.8:クラウド利用促進、データ活用促進、管理・運用の効率化

これらの強化点は、バージョンアップ内容の一部ですが、これだけ見ても、ASTERIA WARPが、その時々のユーザーニーズに応え、または先取りして提供されていることがわかります。

これから、クラウドやモバイルが進化するに従って、企業の情報システムは、よりデータ中心になっていきます。データのあるところ、必ずデータ連携は存在し続けます。私たちは、ASTERIAが、今後10年、20年とユーザーに支持され、そしてNo.1であり続ける製品となるよう、製品を磨き続けていきたいと考えています。

Handbookの採用件数が700件を突破

昨日発表した2014年度第1四半期決算で、「Handbook」の採用件数が700件を超えて、707件となったことを発表しました。(ちなみに、「ASTERIA」と違い「件数」としているのは、大学や団体など企業でないところも多いため)

「Handbook」は、この6月で発売から5年を迎えましたが、その間、多くの先進企業や教育機関でご利用いただき、着実に採用件数を増やしています。

最近新たに公開された事例としては以下のようなところがあります。

最近は、事例でもわかるように特に営業やマーケティング等のセールスワーカー用途で大規模な導入が進んでいるのが特徴です。

なお、Handbookは、iOS (iPad, iPhone), Windows Tablet, Android, Fire OSのメジャーなタブレットOS全てに対応していますが、ユーザー数としては、まだiPadが圧倒的に多い状況となっています。

 

BSイレブン「財部誠一の経済深々」に出演

BSイレブン「財部 誠一の経済深々」の出演が終わりました。

この放送は、経済ジャーナリストの財部誠一さんが、毎回1人のゲストを呼び、その経営や哲学について30分強の時間をかけて鋭く切込むという番組です。この手の番組には珍しく生放送。

本番より少し早めにスタジオ入りしたのですが、全く打ち合わせなしで「流れに任せてください。いつも通りでいいですから」と、シナリオもリハーサルもなしで生放送の本番に突入!

「最初に会社のことを少し紹介します」ということで、唯一用意した(それもスタジオで(笑)Handbookの画面は、生放送ならではのハプニングで、表示されずに生放送内でやり直し(笑)

それでも、財部さんの軽快なリードのおかげで、緊張する暇もなく、あっという間に放送が終わりました。

放送の冒頭で「こういう内容は収録でやることが多いですよね」と言ってしまったのですが、財部さんが生放送にこだわっているのは、「Larry King Live」のように、ライブならではの面白さを引き出すことなのだそうです。

確かに、大企業の経営者のインタビューを「収録」にしてしまうと細かなカットや編集が入ってしっかり管理された内容になりそうですが、その分「生の声」の度合いは下がってしまうに違いありません。

前回の出演者はJR東日本社長、そして次回は三井住友銀行頭取、といかにも場違いな今回の私の出演でしたが、ライブ感だけは前後の社長に負けない自負はあります(笑)

星に願いを(シンガポール編)

先日、Handbookの新パートナーである内田洋行様の施設をお借りして実施したインフォテリアの戦略ラウンドテーブル(説明会)において、新しくシンガポール子会社を設立すること、そしてそこには私が赴任して立ち上げを指揮することを発表しました。

シンガポールは、インフォテリアにとってサンフランシスコ、上海、杭州、香港に続く5つめの海外拠点です。2年間ほどリサーチを続けて来た結論として、東南アジア展開の拠点としてシンガポールを選びました。また、これは今春に実行した新たな増資による投資の第1弾となります。

今回のシンガポールへの進出については、数多くのメディアにカバーいただきました。たいへんありがとうございます。

▼ASCII.jp 平野CEOがシンガポール赴任!インフォテリア、海外に本腰
▼ZDNet Japan インフォテリア、シンガポールに進出–ASEAN全域で事業を展開
▼Asahi Shimbun digital インフォテリア、東南アでソフト拡販-現地ITと提携積極化
▼ITpro インフォテリアが海外展開を加速、IoTにも注力
▼ITmedia Enterprise インフォテリアが海外進出を強化、2020年に売上比率を50%超に
▼Cloud Watch インフォテリアが海外展開を加速、「ASTERIA WARP」でIoT連携も視野に

余裕があるから進出するのではなく、本気だから、必死だから進出します。私自身が、外から見る目と感覚を肌で掴む事で、海外展開を加速するだけでなく、日本市場の価値、日本での活動の価値も、さらに高められることでしょう。

ところで、日本では国の名前を漢字で表すことがあります。例えば、アメリカ=「米」、イギリス=「英」、ドイツ=「独」、のように。では、シンガポールは何と書くか知っていますか?

答えは「星」です。

「米国」、「英国」のように国をつける場合は、「星国」となります。

インフォテリアのASTERIAも「星」に由来する名前(ギリシャ語で「星座」、ギリシャ神話の「星の女神」)なので、とても親近感が湧きます。しかし、なぜ「星」なのでしょうか?

答えは、「星」は中国語で「シン」と読むからです。フルで書くと「星加坡(シン ジァ ポー)」。その後、シンガポール国内の中国語を北京語化する流れで「新加坡」に変わったものの、「新」の字はニュージーランド(「新西蘭」と書く)とかぶるので、1文字で書くときには今でも「星」のままなのだそうです。

この秋から、インフォテリア全体のビジネス拡大の志と願いを胸に、星の国に赴きます。

【お知らせ】
8月8日(金)「財部誠一の経済深々」(BS11/21:00〜21:54)にメインゲストとして生出演し、海外展開の話をします。

(写真は、星国からはよくみえる南十字星

ベネッセの個人情報漏洩事件とモバイル活用対策

ベネッセの個人情報漏洩事件は、犯人も逮捕され、収束に向かいつつありますが、この事件を受けて、これから大変になるのは、企業の情報セキュリティ担当者でしょう。

今回の事件は、委託先企業の社員の所業とは言え、各企業で号令が出ているのは、「社員であろうが誰であろうが、システムにアクセスできる人がこのようなことを起こさないシステムとする」ということは容易に想像がつきます。

一方、昨今は企業でのモバイル活用が進み、いつでもどこでも情報にアクセスできることで社員と現場の生産性の向上を図っている企業も増えています。そのような中、漏洩の対策として、モバイル活用の機運に水が差されてしまうことを大いに懸念しています。つまり、以前のノートパソコン一切禁止の流れのように、セキュリティ強化の一貫としてモバイル機器の活用を一切禁止する企業が多く出て来ないかという懸念です。

今回の事件のような事象への対策として忘れてならないポイントが一つあります。それは、閲覧とデータ持ち出しの大きな違いです。

今回、100万件を超える漏洩ですが、このような件数を外部に持ち出すには、機器からデータベースにアクセスできるだけでなく、そのデータを生のファイルとして扱う事ができるということが必要です。例えば、データベースがアクセスできたとしても、そのデータを画面ショットだけでしか取得できないのであれば、100万件を超える件数を持ち出す事は実質的に不可能です。

この意味において、Handbookでの情報共有がファイル共有に比べてセキュリティが高いということを今一度強調しておきます。Handbookは、様々なファイルをHandbook内で表示し、管理者が明示的に指定しない限りHandbookの外に持ち出すことはできません。しかし、DropBoxのようなファイル共有ツールやメールの添付ファイルなどは、そもそも生のファイルを取り出して、GoodReaderなど他のソフトで使うことを前提としています。さらに、Handbookであれば、メール添付と違い情報を閲覧した履歴や、ダウンロードした履歴もとる事ができます。

このように、似たような用途に使えるソフトウェアであっても根本のアーキテクチャーの違いによって、情報持ち出しのリスクを大きく低減することが可能なのです。

また、今回はセキュリティに注目があたっていますが、企業でモバイル機器を活用するにあたっては、セキュリティ以外にも注意すべきポイントはいくつもあります。

インフォテリアでは、Handbookに限らず、これまでに蓄積した多くのユーザー事例や私たちの知見を基に、このたび「現場が喜ぶタブレット導入完全ガイド」という書籍を執筆し、発刊しました。この本は、インフォテリアの有志(インフォテリアモバイル研究会)が執筆した本ではありますが、Handbookの解説書ではなく、モバイル機器、特にタブレットを企業導入する場合に、押さえるべきポイントをまとめたものです。

企業における現場の生産性を上げたいけれども、数々の課題にどう対策していくかを懸念されている方に、最適の一冊とすべく上梓しました。ぜひご一読ください。

【書籍プレゼント企画】
出版に当たり、執筆者、編集者が登壇する記念イベント「『現場が喜ぶ タブレット導入完全ガイド』出版記念セミナー」を開催し、イベント参加者へは、この書籍をプレゼントさせていただきますので、ぜひご参加ください。詳細は、こちら

海外展開にあたり浴衣を学ぶ

最近、海外事業を推進するために海外出張が増えています。

私は、2014年前半だけで既に6回。出張先で、現地の企業のエグゼクティブと話をすることも多いのですが、話をしていて、時に恥ずかしいのが、日本のことを質問されて答えられないことがあることです。先日も、某国でIT企業のエグゼクティブと一緒にディナーをしているときに、着物に興味があるとの話になりました。そして聴かれたのが、

「なぜ着物は、男性と女性で羽織る方向が一緒なのか?」

という質問。よく知っているね!と驚き、しかし、その答えを知らない私は「今度調べてみよう!」と応えるしかなく、内心恥ずかしい思いをしました。その時に、「左前は貴族だけに許されていた」だとか、「死者には貴賎無く平等との考えから死者は誰でも左前」だとかということを知っていれば、さらに色々な話が広がったに違いないのですが、「今度調べてみよう!」で、着物の話はそこで終わってしまいました(笑)。

そんな悔しい思いをして帰国したところ、スタートアップ支援で活動されている本荘修二さんから「粋にまとう男ゆかたの会〜経営者レッスン」の誘いをいただいたのです。これから、海外での滞在がさらに増えるのに、浴衣くらいきちんと着る事ができなくては恥ずかしいなと思い、参加することにしました。

浴衣レッスンの先生はテレビやラジオなどでも活躍されている「Kazumi流」主宰の津田恵子さん。私のような初心者にはもったいない師匠です。日本では温泉などにいくと浴衣が置いてあって、何も考えずに羽織って帯を巻いていますが、レッスンに参加してみると、浴衣も奥深いことがわかります。着方次第でかなり印象がずいぶん変わるし、素材や、着方や、模様や、小物なども含め様々な背景、謂れがあることがわかりました。浴衣は日本文化からすれば、ほんの一部でしかありませんが、日本の歴史、風習などかなり広範囲に関連していて、海外の人と小一時間盛り上がれるような話題も提供できるのです。

この4月からは、インフォテリアの代表だけでなく、MIJS(Made In Japan Software)コンソーシアムの理事長職も担っています。海外に日本を紹介し、展開していく一人として、日本のソフトウェアだけでなく日本の文化についても、もっと知見を深めていきたいと改めて感じた浴衣のレッスンでした。

社外取締役は必要なのか?

いま経済界では「社外取締役」の義務化が取り沙汰されていますが、先週、インフォテリアの定時株主総会では、社外取締役が2名選任されました。取締役会は「会社の重要な意思決定と業務執行の監督を行う」役目を負っています。そのメンバーのなかでも社外取締役は、社内のしがらみや利害関係に縛られず役目を適切に果たし企業ガバナンスの強化を行う事を期待されています。

日本の企業は、取締役を出世の階段として扱うために取締役の職務が単に「偉い人」であることも少なくなかったのですが、最近では取締役本来の役割が少しずつ重視されてきているようです。その結果、社外取締役の設置の義務化が議論されていますが、これに反対している企業・団体も少なくありません。

一方、インフォテリアでは、創業時から一貫して社外取締役を置いています。これは、上記の社外取締役の役目、効果に加えて、ベンチャー企業である当社が、新たにチャレンジ(リスクテイク)していく領域に対して経験・知見を持った方に、経営判断・監督に参加していただくためです。

この考えから、インフォテリアでは創業からこれまで、以下のような視点で社外取締役を選んでいます。

<創業期のチャレンジ>
企業としての基礎体力をつけること
→財務・ソフトウェア企業経営に経験・知見のある方
(村口和孝氏、菊池三郎氏)

<上場前後のチャレンジ>
国内における自社製品による確固たる事業基盤を作ること
→国内の情報サービス事業、ネット事業にに経験・知見のある方
(浜田正博氏、千田峰雄氏、樋口理氏)

<現在のチャレンジ>
新市場への投資・展開を成功させること
→海外市場での事業や投資に経験・知見のある方
(宋文洲氏、磯崎哲也氏)

そして今回は、日本を代表する製造業においてEurope統括子会社CEOやAsia Pacific統括子会社社長を歴任された齋藤周三氏と、現在シリコンバレーのベンチャーキャピタルのCEO、Anis Uzzaman氏を推薦し、選任されました。

このように、インフォテリアでは社外取締役に大きな意義を見いだし、創業来一貫して社外取締役を置いています。また、知見・経験に加えて重視していることは、取締役会で活発に発言してくださる方ということです。そうでなければ、社外取締役が形式化してしまうからです。実際、インフォテリアの取締役会は創業時から社外取締役の方が活発に発言いただいてますし、社外取締役からの議案提出や社外取締役の意見で否決される議案もあります。

社外取締役の導入に反対する意見の中に、「外部を入れると意思決定が遅くなる」という意見がありますが、社外取締役が過半数を占める米国の企業の方が意思決定が速いのは多くの人が認めるところと思います。また、「何もわからない人に判断に関わって欲しくない」という意見もありますが、インフォテリアの経験では、社外取締役の方が発せられる的を射ないような質問ですら、社外から見るとそう考えるのかという社内では気がつかない気づきとなり、より熟考することにもつながります。

社外取締役を「義務化」するとなると、形式化してしまいかねないので、私自身は企業の判断で良いとの考えですが、社外取締役には単にガバナンスを強めるだけでない、経営的なメリットもあるということを強調しておきたいのです。

PAGE 10 / 30

« First...89101112...2030...Last »