お知らせ」カテゴリーアーカイブ

BCCC – なぜブロックチェーン推進協会を作ったのか?

4月25日、ブロックチェーン推進協会が発足し、私はその理事長に着任しました。

同時に開催した記者会見でも訊かれましたし、その後もよく質問されるのが「なぜ、ブロックチェーン推進協会を作ったのですか?」ということです。もちろん、個別の企業でもブロックチェーンは開発していますし、推進をしています。

それでも、私たちがブロックチェーン推進協会を作った出発点は「国内のブロックチェーン技術開発と実証実験は世界に対して遅れを取っていないにもかかわらず、その実績や技術情報が共有されていないため適用領域が未だごく一部に留まっている。」という問題意識です。このような問題の解決には個々の企業の努力では限界があり、企業連合で取り組んだ方が効果的であると考えました。

一部では「日本のブロックチェーン技術は欧米に比べて大きく遅れを取っている」という見解がありますが、技術そのものが遅れを取っているのではなく、適用領域や、適用する人たちの理解や認識や適用が遅れを取っているのです。ブロックチェーンは大きな注目を浴び日々開発が進んでいる技術ですから、1年も前の「事実」ですら、out of dateになっていることは少なくありません。つまり、ネットで情報を検索してもその情報は、いまや正しくないことすらあるわけです。

このような状況を打開し、国内におけるブロックチェーンの健全な普及と発展を目指して、競合関係を超えて、業界を超えて集まる組織がブロックチェーン推進協会です。ブロックチェーン推進協会では、以下の5つの狙いをもとに活動を行う計画です。

・ブロックチェーンに関する最新情報の共有
・ブロックチェーンの普及啓発
・ブロックチェーンの金融と金融以外の領域への適用拡大
・国際的なブロックチェーン団体との連携
・ブロックチェーン関連領域への投資促進と支援

そして、当日の記者発表以降、もうひとつ何回も受ける質問があります。

それは、「なぜ、インフォテリアが理事長なのですか?」というものです。

インフォテリアはブロックチェーンそのものを開発していません。だからこの質問が来るわけですが、ブロックチェーンを開発していないからこそブロックチェーンニュートラルでいられる、ということが最大の理由です。

ブロックチェーン推進協会は、「ブロックチェーン ニュートラル」「プラットフォーム ニュートラル」という理念を掲げています。そのためには、特定のブロックチェーンを開発している企業がヘッドでは、実際の活動がニュートラルでもその理念を疑問視されかねません。ブロックチェーン推進協会では、mijinであれ、Ethriumであれ、Hyper Ledgerであれ様々なブロックチェーンの推進を行っていく考えです。また、プラットフォームに関しても、Azureであれ、さくらインターネットであれ、AWSであれ様々なクラウド上での普及を推進していく考えです。

さらに、ブロックチェーン推進協会では「ブロックチェーンに国境はない」と考えています。ですから、国内でのブロックチェーンの適用推進を行いながらも、ガラパゴス化するようなプロジェクトには異を唱えますし、特定の業界や団体に与するようなことも行いません。

そういう意味で34社の発起メンバーを見てもらうと、その多様性がわかると思います。発表後3日ですでに10社を超える入会申し込みをいただいており、発表会で私がお話しした6月下旬までに50社、年末までに100社の参加は、いずれも大きく前倒しで実現しそうです。

財部誠一さんとの対談「ブロックチェーンとは?」

インフォテリアのフィンテックへの取り組みが知られるに従って、「ブロックチェーンとは何?」という問い合わせが増えています。先日、経済ジャーナリストの財部誠一さんからも、ブロックチェーンを解説して欲しいとのリクエストをいただき、財部さんへの解説そのものが、多くの人に役立つと考え、ウェブでも公開させてもらうことにしました。題して、『これから学ぶ方でもよくわかる「ブロックチェーン」』割と長い説明になったので、4回シリーズでお届けします。ご期待ください。

 

これからのベンチャー経営を語る熱い夏の講座

 3年前から、青山学院大学大学院で「技術系ベンチャー経営の戦略と実践」という講座を持って教えています。今期は、この講座を夏期集中4日間で凝縮して行うことになりました。そして今期は、4日間全て最終時限に第一線で活躍中の熱いゲスト講師をお迎えしての公開講座としますので、興味のある方の参加をお待ちしています。

HandbookもiPad発売と同時に提供開始します


 iPadの日本国内提供が5月28日に開始されることがソフトバンクモバイルから発表されました。

 ソフトバンクモバイルの発表

 既にインフォテリアでは、iPad用アプリケーションの第1弾として「Handbook」の提供を行うことを発表していますが、企業内や学校内の組織で利用することのできる「Handbook」を同日から提供開始します。

 「Handbook」のiPad対応版は、iPad の持つ広い画面と革新的な使い勝手を活かしたユーザーインターフェイスを備えていて、企業内や学校内ユーザーにとって大変使い易くかつ適用範囲の広い製品となることを目指しています。

 ご期待ください!

@warp 1st GiG !!


 本日から、今年インフォテリア最大のイベント「@warp 1st GIG」(アットワープ・ファースト・ギグ)の特設サイトをオープンしました。

 「@WARP 1st GiG」は、インフォテリアのプライベートセミナーではなく、「ASTERIA WARP」を介してつながることのできる製品、パートナー、約30社で開催するイベントです。

笑門来福Officialスタート!

 いよいよ新年度。

 暖冬と言われた割には桜の満開は例年通り今が盛り。世の中は桜色に染まり新しいスタートの雰囲気を盛り上げています。多くの人が「新年度」ということで新しい目標を持ったり、新たなチャレンジに挑戦しようと心躍らせていることと思います。

PAGE 1 / 1

1